ベイサイドマリーナ アウトレット再開発 - ビジネスブログ

藤沢法律税務FP事務所
平素の家計管理・資産運用から異例な法律問題解決までトータルサポート
2017年01月22日 [不動産]

ベイサイドマリーナ アウトレット再開発

 横浜ベイサイドマリーナのアウトレット施設が、再開発されることになるそうです。

 運営事業者である三井不動産が横浜市から該当地区の32000uの土地を購入し、現在の店舗面積約15000u、80店舗から26000u、150店舗へ大幅拡充するとのことです。

 開設後しばらくは、アメリカ東海岸ナンタケット島の港町をモチーフに建てられたおしゃれなアウトレットパークとして、デートスポットとしてそれなりの人気を博していたように思います。

 その後、首都圏に御殿場や木更津ほか多くの大型アウトレットモールが開設されるに至り、最近は開設当初とはだいぶ雰囲気の変わったファミリー向けの施設のようになっていました。

 再開発により、ショッピングだけでなく、一日中過ごせる場所の創出を目指すとのことです。

 開業予定は2023年です。


藤沢法律税務FP事務所
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る