胎児と相続 - ビジネスブログ

藤沢法律税務FP事務所
平素の家計管理・資産運用から異例な法律問題解決までトータルサポート
2015年05月03日 [相続]

胎児と相続

胎児は、相続・遺贈の場合には既に生まれたものとみなすとされています。

胎児にかかる登記については、法定相続による登記は、未成年者についての法定代理の規定を類推して母を代理人として申請することができるとされていますが、遺産分割協議による場合は、これをすることができないとされています(昭和29.6.15民亊甲1188)。


藤沢法律税務FP事務所

旧・藤沢の弁護士兼FPのブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る