UR賃貸住宅の収入要件の緩和制度 - ビジネスブログ

藤沢法律税務FP事務所
平素の家計管理・資産運用から異例な法律問題解決までトータルサポート
2015年12月27日 [不動産]

UR賃貸住宅の収入要件の緩和制度

UR賃貸住宅の申込資格として、平均収入額が基準月収額(家賃の4倍または33万円。単身者の場合は、25万円)以上というものがあります。

ただし、月額家賃の100倍の金融機関または郵便局の預貯金、あるいは、平均月収額が基準月収額の1/2以上ある場合で、月額家賃の50倍の金融機関または郵便局の預貯金があれば、前記の基準月収額を満たさなくても入居が可能になります。

なお、高齢者(満60歳以上)、障がい者、配偶者のいない世帯、満18歳以上の学生の場合は、平均月収額が基準月収額の1/2に満たなくても、上記の所得の特例を利用できます。


藤沢法律税務FP事務所

旧・藤沢の弁護士兼FPのブログ



このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る