建物の固定資産評価 - ビジネスブログ

藤沢法律税務FP事務所
平素の家計管理・資産運用から異例な法律問題解決までトータルサポート
2016年04月17日 [不動産]

建物の固定資産評価

建物の固定資産税の前提となる評価は、使用資材の価格を積み上げて計算するいわゆる再建築価格方式によっています。

この評価方式は、非常に複雑であり、そのため、計算ミスも起きやすいものです。

不動産投資信託(REIT)では、平成27年までの5年間に上場53社のうち15社が過払いとなっていた税金を取り戻しているそうです。

東京都では、評価方法を建物の取得価額を基礎に算出する簡素な方式へ変更することを軸に、総務省との調整に入ったそうです。


藤沢法律税務FP事務所

旧・藤沢の弁護士兼FPのブログ









このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る