証券投資信託の相続税評価 - ビジネスブログ

藤沢法律税務FP事務所
平素の家計管理・資産運用から異例な法律問題解決までトータルサポート
2016年02月21日 [相続]

証券投資信託の相続税評価

 証券投資信託(受益証券)とは、投資信託及び投資法人に関する法律の規定に基づく証券投資信託で、投資信託会社が投資家から集めた資金を株などの有価証券に投資し、その運用によって得た利益を受けることができる権利を表示した有価証券をいいます。

 証券投資信託(受益証券)は、課税時期において解約請求又は買取請求を行ったとした場合に証券会社などから支払いを受けることができる価額により評価します。具体的な評価方法は、次のとおりとなります。

@ 中期国債ファンドやMMF(マネー・マネージメント・ファンド)等の日々決算型の証券投資信託(受益証券)
 課税時期において解約請求又は買取請求をしたとした場合に証券会社などから支払いを受けることができる価額として、次の算式により計算した金額によって評価します。

 一口あたりの基準価額×口数+(未収分配金−源泉徴収税額)−解約手数料等

A @以外の証券投資信託(受益証券)
 課税時期において解約請求又は買取請求をしたとした場合に、証券会社などから支払いを受けることができる価額として、次の算式により計算した金額によって評価します。

 一口あたりの基準価額×口数-未収分配金−解約した場合の源泉徴収税額−解約手数料等 

 なお、上場されている証券投資信託(受益証券)については、上場株式の評価の定めに準じて評価します。


藤沢法律税務FP事務所

旧・藤沢の弁護士兼FPのブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る